バイクの個人売買に必要な書類と名義変更の方法

バイクの登録方法

バイクを個人間で売買する時は、税金の請求先等を買い主に変更するため、忘れず名義変更も済ませましょう。

名義変更の手続きは基本的に買い主側で進めますが、購入したバイクの「道路運送車両法上の区分」によってやり方が若干異なります。売買するバイクの区分が分からなくても、下記のように排気量で簡単に見分けられます。

【バイクの区分】

  • 排気量125cc以下→「原付」
  • 排気量125cc超~250cc以下→「軽二輪車」
  • 排気量250cc超→「小型二輪車」

ここからは、上記3区分それぞれの名義変更のやり方(窓口・必要書類・費用など)を、取引が初めての人でもすぐ手続きを進められるよう解説します。

125cc以下のバイク(原付)の名義変更手続き

125cc以下のバイク(原付)の名義変更は役所で出来る

排気量125cc以下のバイクに関しては、事前に売り主側で廃車手続きを済ませる必要があります。手続きそのものについては、廃車は売り主の住所、名義変更は買い主の住所とのように、各自住んでいる場所の市区町村役場(軽自動車税関連を扱う窓口)で行いましょう。

あわせて、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の加入期間が残っている場合、被保険者名義の変更手続きも必要です。

【排気量125cc以下のバイク】簡単な手続きの流れ

Step1.売買取引が成立する

Step2.売り主側で廃車手続きをする

Step3.売り主から買い主へ必要書類を渡す

Step4.買い主側で車両の名義変更を申請する

Step5.自賠責保険の名義変更を申請する

名義変更に必要書類な書類

必要書類一覧売り主買い主
本人確認書類(免許証など)
印鑑(認印OK)
ナンバープレート
標識交付証明書
廃車証明書
自賠責保険証明書 (※有効期限が残っている場合)
自賠責保険(共済)承認請求書
譲渡証明書
軽自動車税申告書
【表】排気量125cc以下のバイク(原付)を名義変更する際の必要書類

名義変更手続きの流れ

排気量125cc以下のバイクの名義変更手続きの詳しい流れは、以下で解説する通りです。

所要時間は売り主側・買い主側でそれぞれ30分程度ですが、書類の受け渡しや各自の時間の都合上、売却から買い主が乗車できるようになるまで最低2日程度はかかります。

1.売買取引の成立

代金や売買の条件が決まったときは、所定の様式の「譲渡証明書」にバイクの情報を記入し、売り主が署名捺印します。

自賠責保険の加入期間が残っている場合、売り主から加入先保険会社に問い合わせて「自賠責保険(共済)承認請求書」をもらい、ここにも署名捺印しておきましょう。

譲渡証明書のダウンロードはこちら(国土交通省サイト)

2.廃車手続き

売り主側が市区町村役場に向かい、廃車手続きを取ります。この際、下記書類が必要です。

【廃車手続きの際の必要書類】

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑(認印OK)

3.売り主から買い主へ必要書類を渡す

廃車手続きの際に売り主が受け取った「廃車証明書」を含め、1~2で準備した書類を買い主に渡します。

【買い主に渡す書類】

  • 譲渡証明書
  • 廃車証明書
  • 自賠責保険証明書(※加入期間が残っている場合)

4.買い主側で車両の名義変更を申請する

ここからは買い主側で手続きする番です。売り主からもらった書類を含む下記一式を用意して、役所窓口に向かいます。

【買い主による名義変更時の必要書類】

  • 譲渡証明書
  • 廃車証明書
  • 自賠責保険証明書(※加入期間が残っている場合)
  • 軽自動車税申告書(※窓口配布)
  • 標識交付申請書(※窓口配布)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑(認印OK)

売り主と買い主がそれぞれ別の市区町村に住んでいる場合、この時点で古いナンバープレートは使えなくなり、新しいものを無料で発行してもらえます。

5.自賠責保険の名義変更を申請する

自賠責保険の加入期間が残っている場合、買い主か売り主のどちらか一方から、加入先保険会社に対して被保険者名義の変更を申請します。売り主が行う場合、実印などの持ち物が増える点に注意しましょう。

【自賠責保険の名義変更時の必要書類】

  • 自賠責保険証明書
  • 自賠責保険承認請求書(※売り主と買い主両方の署名捺印があるもの)
  • 実印・印鑑証明書・本人確認書類(※売り主が手続きする場合)

名義変更時の費用

区分が「原付」になっているバイクは、基本的に売り主・買い主ともに費用負担なく名義変更できます。ただし、ナンバープレートを外す際に車検ステッカーを上手く剥がせなかった場合、ステッカー再交付手数料として300円かかります。

紛失した書類を再発行してもらうには?

下記書類は売り主が保管しているものですが、売る段階になって失くしたことに気付く場合があります。そんな時は、売り主側で手順を踏んで再交付を申請しましょう。

自賠責保険証を紛失した場合

自賠責保険証を失くしてしまった場合は、本人確認書類と印鑑(※認印可)を準備し、加入先保険会社の営業所窓口で再発行申請します。

この際、再発行手数料はかかりません。

標識交付証明書を紛失した場合

標識交付証明書を失くしてしまった場合は、同じく本人確認書類と印鑑(※認印可)を準備し、売り主の住む市区町村の役場(軽自動車税関連を扱う窓口)で再交付を申請します。

やはり同じく、再交付手数料はかかりません。

125㏄超~250cc以下のバイク(軽二輪)の名義変更手続き

125㏄超~250cc以下のバイク(軽二輪)の名義変更は軽自動車届出済証が必要

排気量125cc超~250cc以下のバイクを名義変更する際、廃車手続きは不要です。必要書類が揃いしだい、買い主の住所の管轄運輸支局(もしくは自動車検査登録事務所)で名義変更できます。

原付と同じく、自賠責保険の期間が残っている場合、被保険者名義の変更も行いましょう。

【排気量125cc超~250cc以下のバイク】簡単な手続きの流れ

Step1.売買取引の成立

Step2.売り主から買い主へ必要書類を渡す

Step3.買い主側で車両の名義変更を申請する

Step4.買い主側で自賠責保険の名義変更を申請する

名義変更に必要な書類

必要書類一覧売り主買い主
本人確認書類(免許証など)
住民票(3か月以内に交付されたもの)
印鑑(認印OK)
名義変更申請書(OCR軽二輪1号様式)
軽自動車届出済証
ナンバープレート (※管轄変更orナンバー変更の場合)
軽自動車届出済証返納届 (※すでにナンバーを返納している場合)
自賠責保険証明書 (※有効期限が残っている場合)
自賠責保険(共済)承認請求書
譲渡証明書
軽自動車税申告書
手数料納付書
【表】排気量125㏄~250cc以下のバイク(軽二輪)を名義変更する際の必要書類

名義変更の手続きの流れ

排気量125cc超~250cc以下のバイクの名義変更手続きの詳しい流れは、以下で解説する通りです。

所要時間は30分程度ですが、書類の受け渡しや各自の時間の都合上、やはり最低2日程度はかかります。

1.売買取引の成立

原付と同じく、売り主による署名捺印済みの「譲渡証明書」を準備します。他にも、売り主で「名義変更の申請書」(OCR軽二輪1号様式)を取得し、旧所有者欄に署名捺印しておきましょう。

譲渡証明書のダウンロードはこちら(国土交通省サイト)

名義変更申請書のダウンロードはこちら(国土交通省サイト)

2.売り主から買い主へ必要書類を渡す

ここまでの手続きが済んだら、下記書類一式を売り主から買い主に渡します。

【買い主に渡す書類】

  • 譲渡証明書
  • 軽自動車届出済証
  • 買い主の署名捺印がある申請書
  • 自賠責保険証明書(※加入期間が残っている場合)
  • 軽自動車届出済証返納届(※すでにナンバープレートを返納している場合)
  • 取り外したナンバープレート(※管轄変更or同一管轄内でナンバーを変えたい場合)

3.買い主側で車両の名義変更を申請する

ここからは買い主側で手続きする番です。売り主からもらった書類を含む下記一式を用意して、運輸支局または自動車検査登録事務所の窓口に向かいます。

売り主からもらった名義変更の申請書は、新しい所有者とバイクの情報を記入してから持ち込みましょう。

【買い主による名義変更時の必要書類】

  • 売り主からもらった書類一式
  • 住民票(3か月以内に発行されたもの)
  • 軽自動車税申告書(※窓口配布)
  • 手数料納付書(※窓口配布・手数料不要)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑(認印OK)

4.自賠責保険の名義変更を申請する

自賠責保険の加入期間が残っている場合、やはり買い主か売り主のどちらか一方から、加入先保険会社に対して被保険者名義の変更を申請しましょう。

【自賠責保険の名義変更時の必要書類】

  • 自賠責保険証明書
  • 自賠責保険承認請求書(※売り主と買い主両方の署名捺印があるもの)
  • 実印・印鑑証明書・本人確認書類(※売り主が手続きする場合)

名義変更時の費用

区分が「軽二輪」になっているバイクを名義変更する時は、買い主負担で最大700円程度の費用がかかります。

  • 手続時の用紙代(陸運局に支払うもの):100円程度
  • ナンバープレート代:500円~600円程度

ナンバープレート代は買い主の住む地域により異なります。管轄変更になる場合は、手続き前に料金を確認しましょう。

紛失した書類を再発行してもらうには?

原付と同じく、売り主側で下記書類を失くしてしまった場合は、それぞれ手順を踏んで再交付(再発行)してもらいましょう。

自賠責保険証を紛失した場合

自賠責保険証に関しては、すでに解説した通り加入先保険会社の営業所窓口で再発行申請します。準備するものは本人確認書類と印鑑(※認印OK)だけで、費用はかかりません。

軽自動車届出済証を紛失した場合

軽自動車届出済証を失くしてしまった場合、売り主の住所を管轄する運輸支局(もしくは自動車検査登録事務所)で再交付申請します。

この際、本人確認書類・印鑑(※認印可)・自賠責保険証のほか、再交付申請用紙の代金として100円程度必要です。費用は申請の状況で若干異なるため、窓口で確認しましょう。

250cc超のバイク(小型二輪)の名義変更手続き

250cc超(小型二輪)のバイクの名義変更は車検証の用意を

排気量250cc超のバイクを名義変更する際も、やはり廃車手続き不要です。必要書類が揃いしだい、買い主の住所の管轄運輸支局(もしくは自動車検査登録事務所)で名義変更できます。

他の種類のバイクと同じく、自賠責保険の被保険者名義変更も忘れず行いましょう。

【排気量250cc超のバイク】簡単な手続きの流れ

Step1.売買取引が成立する

Step2.売り主から買い主へ必要書類を渡す

Step3.買い主側で車両の名義変更を申請する

Step4.買い主側で自賠責保険の名義変更を申請する

名義変更に必要な書類

必要書類一覧売り主買い主
本人確認書類(免許証など)
住民票(3か月以内に交付されたもの)
印鑑(認印OK)
自動車検査証(車検証)
ナンバープレート (※管轄変更orナンバー変更の場合)
軽自動車届出済証返納届 (※すでにナンバーを返納している場合)
自賠責保険証明書 (有効期限が残っている場合)
自賠責保険(共済)承認請求書
譲渡証明書
軽自動車税申告書
手数料納付書
【表】排気量250cc超のバイク(小型二輪)を名義変更する際の必要書類

名義変更の手続きの流れ

排気量250cc超のバイクの名義変更手続きの詳しい流れは、以下で解説する通りです。

所要時間は同じく30分程度ですが、やはり全体の手順を踏む上では、買い主が乗れるようになるまで2日程度かかります。

1.売買取引の成立

原付や軽二輪と同じく、売り主による署名捺印済みの「譲渡証明書」を準備します。やはり同じく「名義変更の申請書」(OCR軽二輪1号様式)を取得して、旧所有者欄に署名捺印しておきましょう。

譲渡証明書のダウンロードはこちら(国土交通省サイト)

名義変更申請書のダウンロードはこちら(国土交通省サイト)

2.売り主から買い主へ必要書類を渡す

ここまでの手続きが済んだら、下記書類一式を売り主から買い主に渡します。

【買い主に渡す書類】

  • 譲渡証明書
  • 自動車検査証(車検証)
  • 買い主の署名捺印がある申請書
  • 自賠責保険証明書(※加入期間が残っている場合)
  • 軽自動車届出済証返納届(※管轄変更があるor廃車済の場合)
  • 取り外したナンバープレート(※同一管轄内でナンバーを変えたい場合)

3.買い主側で車両の名義変更を申請する

ここからは買い主側で手続きする番です。売り主からもらった書類を含む下記一式を用意して、運輸支局または自動車検査登録事務所の窓口に向かいます。

売り主からもらった名義変更の申請書は、新しい所有者とバイクの情報を記入してから持ち込みましょう。

【買い主による名義変更時の必要書類】

  • 売り主からもらった書類一式
  • 住民票(3か月以内に発行されたもの)
  • 軽自動車税申告書(※窓口配布)
  • 手数料納付書(※窓口配布・印紙貼付不要)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑(認印OK)

4.自賠責保険の名義変更を申請する

原付・軽二輪と同様に、自賠責保険の加入期間が残っている場合、加入先保険会社の窓口で被保険者名義の変更を申請しましょう。

【自賠責保険の名義変更時の必要書類】

  • 自賠責保険証明書
  • 自賠責保険承認請求書(※売り主と買い主両方の署名捺印があるもの)
  • 実印・印鑑証明書・本人確認書類(※売り主が手続きする場合)

名義変更時の費用

区分が「小型二輪」になっているバイクも、名義変更の際買い主負担で最大700円程度の費用がかかります。

  • 手続時の用紙代(陸運局に支払うもの):100円程度
  • ナンバープレート代:500円~600円程度

同じく管轄変更になる場合は、事前に買い主側でナンバープレート代を確認しておきましょう。

紛失した書類を再発行してもらうには?

原付・軽二輪と同じく、売り主側で下記書類を失くしてしまっている場合があります。それぞれ手順を踏んで再交付(再発行)してもらい、買い主に引き渡せる状態にしなければなりません。

自賠責保険証を紛失した場合

原付・軽二輪と変わらず、加入先保険会社の営業所窓口で再発行申請します。窓口を訪れる際は、忘れず本人確認書類と印鑑(※認印可)を準備しましょう。

車検証を紛失した場合

車検証を失くしてしまった場合、売り主の住所を管轄する運輸支局(もしくは自動車検査登録事務所)で再発行申請します。

この際、本人確認書類・印鑑(※認印可)・失くした経緯等を説明するための理由書のほか、再発行手数料として300円必要です。

まとめ

バイクの名義変更手続きは、ポイントを押さえれば簡単です。購入が決まった時は、買い主と売り主との間で「どんな書類を準備するのか」「どこへ行けば手続き」できるのかを整理しておきましょう。

【個人売買したバイクの名義変更のポイント】

  • 排気量125cc以下のバイクは廃車手続き必須
  • 管轄変更時はナンバーの返納証が必要になる(排気量125ccを超えるバイクのみ)
  • 自賠責保険の名義変更も忘れずに行う

コメント

タイトルとURLをコピーしました