原付(50~125cc)バイクの名義変更に必要な書類と手続き方法

原付(50~125cc)バイクの名義変更に必要な書類と手続き方法 バイクの登録方法

排気量50cc以下の「原付」と50cc超~125cc以下の「原付2種」は、両方とも市区町村役場の窓口で名義変更できます。ただし、元の持ち主による廃車手続きが必要になる点には注意しましょう。

本記事では、ネットオークション等で原付を売買した時に必要な名義変更手続きについて、書類や手順を紹介します。

原付と原付2種の名義変更に必要なもの

原付・原付2種の名義変更に必要なもの

原付や原付2種の名義変更では、古いナンバープレートを返納する「廃車手続き」新しいナンバープレートをもらう「名義変更手続き」の両方が基本的に必要です。

各手続きで役場に提出する書類があるため、事前に確認しておきましょう。

廃車手続きの必要書類

廃車手続きの際は、売り主側で下記書類を準備します。

必要書類内容
ナンバープレート検査標章(ステッカー)を剥がしておく
※剥がしに失敗した時は再交付可
標識交付証明書原付購入時に一緒にもらった書類
※紛失した場合は再交付可
本人確認書類運転免許証やマイナンバーカードなど
印鑑認印でOK
【排気量125cc未満のバイク】廃車手続きの必要書類

名義変更手続きの必要書類

廃車手続き後の名義変更手続きでは、買い主側で下記書類を準備します。

必要書類内容
譲渡証明書売り主からもらう
(名義変更手続きでの確認に使用される)
※紛失した場合は再交付可
廃車証明書売り主からもらう
(名義変更手続きでの確認に使用される)
※紛失した場合は再交付可
検査標章売り主からもらう
(新しいナンバープレートに貼る)
軽自動車税申告書手続き窓口でもらえる
(税金の請求先を変えるために必要)
標識交付申請書手続き窓口でもらえる
(ナンバープレートを受け取るために必要)
本人確認書類運転免許証やマイナンバーカードなど
印鑑認印でOK
【排気量125cc未満のバイク】名義変更手続きの必要書類

原付と原付2種の名義変更のやり方(手順)

原付・原付2種の名義変更手続きの流れ

原付の名義変更手続きは4ステップで完了します。

廃車手続きや書類の受け渡しを含めて最低2日程度はかかるため、事前に打ち合わせしてスムーズな手続きを心がけましょう。

1.譲渡証明書の作成

売買取引や譲渡の約束がまとまったら、最初に「譲渡証明書」を作成しましょう。書式は国土交通省サイト(リンク)から無料でダウンロードできます。

白紙の証明書が用意できたら、下記欄を埋めて元所有者の印鑑を押しましょう。

【譲渡証明書の記入欄】

  • 車名・形式・車体番号・原動機の形式
  • 譲渡人と譲渡人両方の氏名また住所

2.廃車手続き

必要書類を準備し、売り主の住民票のある役場の軽自動車税窓口で手続きします。

代わりに行政書士等にやってもらう場合、国土交通省のサイト(リンク)で書式をダウンロードできる「委任状」も用意しておきましょう。また、取り外したナンバープレートからは事前に検査標章(ステッカー)を剥がしておく必要があります。

手続きの最後にもらえる廃車証明書は、新所有者が名義変更手続きを行うために必要です。新所有者が対応してくれるまで日数がかかる場合、保管場所に注意して失くさないようにしましょう。

3.名義変更手続き

売り主から買い主に譲渡証明書・廃車証明書・検査標章の3点を渡し、他の必要書類は新所有者が揃えます。名義変更の手続きも同様に、買い主の住民票のある役場の軽自動車税窓口で行えます。

委任状を用意すれば代わりに行政書士にやってもらえる点も、廃車手続きとそう変わりません。ナンバープレートは基本的に当日発行してもらえますが、乗り始める前に忘れてはならない手続きがあります。

4.自賠責保険の名義変更手続き

自賠責保険は強制加入であり、人身事故を起こした時に損害賠償金を支払ってくれる制度です。保険の加入名義が以前の所有者のままでは、まだバイクに乗れません。

売り主・買い主のどちらか一方から加入先保険会社に問い合わせし、名義変更手続きについて案内してもらいましょう。

名義変更にかかる費用

原付・原付2種の名義変更手続きの費用

原付・原付2種の名義変更では、全体を通して基本的に費用はかかりません。

ただし、必要書類の一部を失くしてしまった場合、再交付手数料や弁償金として料金が発生します。

【排気量50cc以下&排気量50cc超~125ccのバイクの名義変更でかかる費用】

  • 廃車手続きの費用:無料
  • 名義変更手続きの費用:無料
  • 必要書類を紛失した場合:最大2,300円程度

廃車手続きの費用

廃車手続きは基本的に無料です。廃車証明書の交付手数料などは一切かかりません。

ただし「ナンバープレートを紛失した」「ステッカーを剥がす時に失敗して破れてしまった」といった際には、この後説明するように手数料がかかります。

名義変更手続きの費用

名義変更手続きも基本的に無料です。申請書に印紙を張り付けたり、ナンバープレート交付の際に費用を支払ったりする必要はありません。

ただし、売り主から受け取ったステッカーやナンバープレートを失くしてしまうと、費用は買い主負担で売り主に再交付申請してもらわなくてはなりません。売り主が準備した書類は大切に保管しましょう。

必要書類を紛失してしまった場合の費用

手続きに必要な書類を失くしてしまった場合、それぞれ下記手数料で再交付してもらえます。

特に注意したいのは、ナンバープレートの管理やステッカーの剥がし方です。再交付が必要になると合わせて2,300円の手数料がかかるため、売り主は十分注意しましょう。

【原付・原付2種の名義変更手続き】書類紛失時の再交付手数料

  • 廃車証明書の再交付手数料:無料
  • 自賠責保険証明書の再交付手数料:基本的に無料
  • 検査標章(ステッカー)の再交付手数料:300円
  • ナンバープレート紛失時の弁償金:2,000円程度(※役場により異なる)

名義変更ができる場所

名義変更できる場所に関しては、売り主と買い主それぞれが住む市区町村のサイトで確認できます。事前に予約が必要な場合があるため、窓口を訪れる前に確認しておくと安心です。

また、必要書類や諸費用に関しても、窓口に問い合わせれば確認可能です。

’【一例】名義変更手続きの担当窓口

東京都新宿区:新宿区役所内の総務部税務課収納係(リンク

愛知県名古屋市:金山市税事務所の徴収課軽自動車税係(リンク

大阪府大阪市:各区市税事務所の軽自動車税担当部署(リンク

自賠責保険の名義変更の方法

バイク個人売買では自賠責保険の名義変更も忘れずに

すでに紹介したように、自賠責保険の名義変更手続きは加入先保険会社で行います。郵送で対応してくれる場合がほとんどですが、保険会社によっては営業所窓口に出向く必要がある点に注意しましょう。

名義変更手続きは新所有者と元所有者のどちらが行っても構いませんが、手続きする人に関わらず「自賠責保険証明書」と「元所有者の捺印がある自賠責保険承認請求書」の両方が必須です。両方とも売り主が準備しなければならないため、事前に打ち合わせしておくのがスムーズです。

名義変更の必要書類

自賠責保険の名義変更手続きでは、以下の書類を全て揃える必要があります。

【自賠責保険の名義を変えるための必要書類】

  • 自賠責保険証明書
  • 自賠責保険承認請求書(※元所有者と新所有者両方の捺印があるもの)
  • (元所有者が手続きする場合)実印+印鑑証明書
  • (新所有者が手続きする場合)免許証・保険証

承認請求書は加入先保険会社指定の書式で準備しなければなりません。問い合わせの段階で、手続きする人の家に送付してもらいましょう。

参考:国土交通省ポータルサイトFAQ

自賠責保険証明書を失くしてしまった場合の対処法

自賠責保険証明書を失くしてしまった場合、売り主からの申請で再交付してもらえます。

再交付手数料は基本的に無料ですが、加入先保険会社によっては若干の費用がかかる場合があるため要確認です。

紛失した書類を再発行してもらうには?

下記書類は売り主が保管しているものですが、売る段階になって失くしたことに気付く場合があります。そんな時は、売り主側で手順を踏んで再交付を申請しましょう。

自賠責保険証を紛失した場合

自賠責保険証を失くしてしまった場合は、本人確認書類と印鑑(※認印可)を準備し、加入先保険会社の営業所窓口で再発行申請します。

この際、再発行手数料はかかりません。

標識交付証明書を紛失した場合

標識交付証明書を失くしてしまった場合は、同じく本人確認書類と印鑑(※認印可)を準備し、売り主の住む市区町村の役場(軽自動車税関連を扱う窓口)で再交付を申請します。

やはり同じく、再交付手数料はかかりません。

まとめ

排気量50cc未満の「原付」や排気量50cc超~125cc以下の「原付2種」を名義変更する際は、事前に廃車手続きが必要です。また、役場窓口での名義変更手続きと合わせて、自賠責保険の加入者名義変更も忘れずに行いましょう。

手続き全体を通して基本的に費用はかかりませんが、ナンバープレートやステッカーを失くした時は例外です。売り主・買い主双方とも、必要な持ち物の扱いには注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました